2017年09月30日

大義名分なき衆議院の解散、チャンスととらえた小池百合子

 安倍総理が国連へ出かける前に示唆した衆議院解散に対して、野党の党首や幹部は「大義なき解散」とか「加計・森友隠し」とか非難したが、本来解散は野党にとって政権奪取の千載一遇のチャンスである。野党第一党の民進党は党首が交代してもその退潮傾向は収まらず、チャンスどころかピンチに陥っていた。

 そこに登場したのがご存知の通り、「希望の党」を立ち上げ、自ら代表に就任すると宣言した小池百合子東京都知事である。
 腹心の若狭 勝衆議院議員に「日本ファーストの会」を立上げさせ、民進党を離党した細野豪志衆議院議員を取り込んで、綱領などを検討させておいて、今だというタイミングで、すべてをリセットして「希望の党」代表へ名乗りを上げたわけである。

 マスコミ情報によれば、「希望の党」は今年2月にすでに商標登録申請されていたという。
 東京都知事という立場にありながら、腹心の若狭氏を上手に使い小池新党立ち上げの準備を着々と進め、「民進党がメロメロの今なら選挙に勝てる」と判断した自民党執行部や安倍総理に真っ向からチャレンジする戦略は見事というしかない。小池百合子氏自身の衆議院議員への復帰も噂されている。

 もちろん、問題山済みの東京都の改革を期待して都知事に選んだ東京都民を裏切るのかとか、都民ファーストの会の都会議員をどうするつもりなのかとか、批判は多々ある。
 私も都知事と国政政党の代表の二足の草鞋が果たして機能するかどうか、疑問に思うし、ましてや就任1年数か月で都知事の職を踏み台にして国政に復帰するという行動をもしとるとするならば、道義的にどうかとも思う。

 しかしである。「国盗り」という小池百合子氏の戦略という観点で見るならば、実に用意周到にいろいろ手を打ってきているなと感心させられる。

 既存政党が右往左往するのを尻目に、敢然と名乗りをあげ、安倍自民党VS小池希望の党という図式を作り上げた。その結果民進党の前原代表は希望の党への合流を決断する以外に安倍政権と戦うすべが見いだせなくなってしまった。

 今回の衆議院選挙がどうなるか、現時点では神のみぞ知るというほかないが、昨年の都知事選の時のように、驕る安倍政権・自民党に挑む希望の党という図式になりそうで、選挙戦が盛り上がりそうである。

 その結果として国民の衆議院選挙に対する関心が高まり、投票率が上がって、より良い候補者が選ばれて、国政が刷新されることを期待したいものである。
posted by 木村登志男 at 22:06| 政治・社会

2017年09月01日

太平の眠りをさますJアラート

 8月29日の朝6時ごろ、朝の日課になっている散歩に出ようとしていた時、屋外に設置されている防災無線のサイレンがけたたましく鳴り響いた。
つい先日、防災無線ラジオを購入したばかりでもあったので、家の中でもけたたましくサイレンが鳴っている。
一体何事かと耳をそばだてると、北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射したという。早速テレビをつけて情報を確認すると、5時58分に北朝鮮が日本の北方に向けて、ミサイルを発射したので、北海道や東北地方、長野県などの住民は頑丈な建物か地下に避難するようにとの警報だった。

その時、テレビの時刻表示をみると、6時を大分まわっている。
グアムまで17分で到達するミサイルならば、もし日本向けに発射したものなら、そろそろ着弾する時刻である。
頑丈な建物と言われたところで、安曇野市三郷明盛の田舎では、ミサイルの着弾に耐えられそうな頑丈な建物などない。地下と言われても、この田舎に地下鉄や地下街などない。
急に避難せよと言われても、避難できる場所などないのだ。
私は馬鹿馬鹿しくなったが、もうしばらく家の中にいることにした。

やがて、テレビ放送が日本の上空を通過した模様と伝え始めたので、散歩に出かけたが、歩きながら北朝鮮問題について考えてみた。

日本は世界で唯一の被爆国である。だから核廃絶を世界に向かって声を大にして訴え続けることは絶対に必要である。この活動を怠ってはならない。しかし、世界の強国が核保有国であり、北朝鮮のような無法国家まで核武装している以上、国や自分の命を守るための自衛策は早急に講じなければならない。

スイスは国民の命を守るためにシェルターを設置しているという。永世中立を貫くために、スイスは国民に兵役義務を与えているし、自国防衛に十分な措置を講じている。

それに引き換え、日本はどうだ。日米安保体制があるからアメリカに守ってもらえるとでも思っているのだろうか。
とんでもない話だ。アメリカは自国の都合だけで動く国で、彼らは日本を敗戦国・属国程度にしか見ていない。グアムにミサイルが飛んで来れば、自国防衛のためにすぐさまアクションを起こすだろうが、日本の上空を通過して、太平洋上に落下したぐらいでは、強い反応は起こさない。

北朝鮮のような無法国家、それをサポートしているロシアや中国のような国がある限り、日本は自衛にもっと力を入れなければなるまい。
迎撃ミサイルなどおそらくあてにはなるまい。いくら設置台数を増やしたところで、アメリカの軍需産業を儲けさせるだけだ。

自分の身は自分で守ることをもっと真剣に考えるべきだ。
東京・大阪・名古屋などの大都会では地下鉄や地下街をベースにして、いざという時のシェルターを設けるべきではないか。
近郊の住宅街にもシェルター設置を考えたほうが良い。

安曇野市のような田舎はどうか。せめて市庁舎や支所には頑丈な地下室の設置を義務付けたらどうだろうか。これから新築する家には地下室を設けたらどうだろう。
等々、北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込んでくる可能性がある以上、早急に検討してもらいたいと思うのだが、どうも安倍政権は軍備拡張には邁進しても、国民の命を守る自衛手段を講じることには関心がなさそうだ。

以 上

posted by 木村登志男 at 07:09| 政治・社会