2017年09月30日

大義名分なき衆議院の解散、チャンスととらえた小池百合子

 安倍総理が国連へ出かける前に示唆した衆議院解散に対して、野党の党首や幹部は「大義なき解散」とか「加計・森友隠し」とか非難したが、本来解散は野党にとって政権奪取の千載一遇のチャンスである。野党第一党の民進党は党首が交代してもその退潮傾向は収まらず、チャンスどころかピンチに陥っていた。

 そこに登場したのがご存知の通り、「希望の党」を立ち上げ、自ら代表に就任すると宣言した小池百合子東京都知事である。
 腹心の若狭 勝衆議院議員に「日本ファーストの会」を立上げさせ、民進党を離党した細野豪志衆議院議員を取り込んで、綱領などを検討させておいて、今だというタイミングで、すべてをリセットして「希望の党」代表へ名乗りを上げたわけである。

 マスコミ情報によれば、「希望の党」は今年2月にすでに商標登録申請されていたという。
 東京都知事という立場にありながら、腹心の若狭氏を上手に使い小池新党立ち上げの準備を着々と進め、「民進党がメロメロの今なら選挙に勝てる」と判断した自民党執行部や安倍総理に真っ向からチャレンジする戦略は見事というしかない。小池百合子氏自身の衆議院議員への復帰も噂されている。

 もちろん、問題山済みの東京都の改革を期待して都知事に選んだ東京都民を裏切るのかとか、都民ファーストの会の都会議員をどうするつもりなのかとか、批判は多々ある。
 私も都知事と国政政党の代表の二足の草鞋が果たして機能するかどうか、疑問に思うし、ましてや就任1年数か月で都知事の職を踏み台にして国政に復帰するという行動をもしとるとするならば、道義的にどうかとも思う。

 しかしである。「国盗り」という小池百合子氏の戦略という観点で見るならば、実に用意周到にいろいろ手を打ってきているなと感心させられる。

 既存政党が右往左往するのを尻目に、敢然と名乗りをあげ、安倍自民党VS小池希望の党という図式を作り上げた。その結果民進党の前原代表は希望の党への合流を決断する以外に安倍政権と戦うすべが見いだせなくなってしまった。

 今回の衆議院選挙がどうなるか、現時点では神のみぞ知るというほかないが、昨年の都知事選の時のように、驕る安倍政権・自民党に挑む希望の党という図式になりそうで、選挙戦が盛り上がりそうである。

 その結果として国民の衆議院選挙に対する関心が高まり、投票率が上がって、より良い候補者が選ばれて、国政が刷新されることを期待したいものである。
posted by 木村登志男 at 22:06| 政治・社会