2017年08月01日

国民視線を意識しない政府・閣僚・官僚

<稲田朋美氏の満面の笑みをどう解釈したら良いのだろう>
 往生際の悪かった前防衛大臣の稲田朋美氏、日報問題の責任を取って辞任したにもかかわらず、7月31日には堂々と離任式に出席し、離任式を終えると防衛省の職員・自衛隊員に向かって満面の笑みを浮かべながら別れを告げた。
 私はテレビの映像を見て、この人の神経は一体どうなっているんだろうといぶかった。
 確かに辞任の直接的な理由は日報の隠蔽問題かもしれないが、その前に何度も失言や虚偽答弁をして、国会議員・防衛大臣としての資質が問われている。その都度、辞任や罷免を求められてきたが、本人も安倍内閣も無視し続けてきた。我々民間人とは全く異なる感覚・精神構造と言わざるを得ない。
 そういういわくつきの大臣が離任式を辞退するどころか、まるで花道を飾るかのように堂々と演説し、満面の笑みを浮かべながら別れを告げる。
 おそらく彼女の頭の中に、国民がどう思うかなどという視点は全くないのではないか。
 こういう人が選挙で選ばれ、権力者の引きで政府の要職に就くという議会制民主主義の限界を見る思いである。

<森友学園・加計学園問題の政府答弁は国民を愚弄しきっている>
 森友学園の籠池元理事長がとうとう逮捕されてしまった。マスコミ報道による限り、籠池氏が補助金を水増しして受領したことは本当かもしれないが、トカゲの尻尾切りのように、国策捜査で籠池夫妻だけを罪に問うのはどう見ても片手落ちである。
 その教育理念に感動して、名誉校長を引き受けたり、寄付金を出したりした安倍総理夫人の「私人」の枠を超えたのめりこみぶりは全く問題にならないのか、小学校の土地を8億円も値引きした近畿財務局は捜査の対象としなくてよいのか大いに疑問である。
 記録がない、記憶にないの一点張りで国会軽視、国民を愚弄する答弁を続けて、ついに国会を乗り切った官僚が理財局長から国税庁長官に栄転した報道に接すると、安倍政権がいかに国民を馬鹿にしきっているか、はらわたが煮えくり返るほど腹立たしくなってくる。
 加計学園の今治市への獣医学部新設問題の安倍総理の「丁寧な回答」にもあきれ果てた。腹心の友が国家戦略特区に申請したことなどとっくの昔に知っているにもかかわらず、1月20日に事務方からの報告で初めて知ったなどと見え透いた嘘で押し通す神経は、我々凡人にはとても理解できない。
 国会とは政治家のなれ合いの議場であって、国民がマスコミを通じて得た情報でどう判断するかなど全く眼中にないのだろう。

<とはいえ、そういう政治家を選んだ責任は我々国民にある>
 政治家や閣僚・官僚の悪口を言って、うっぷんを晴らしてみたところで、実際に我々が行動を起こさなければ、何も変わっていかない。
 私の住居のある長野2区でもとんでもない男を衆議院議員に選出してしまったが、選んだのは我々選挙民の責任である。
 驕り高ぶった総理大臣や官房長官を選んだのも選挙民の責任、圧倒的多数の自民党を選んだのも選挙民の責任である。
 国民の視線を意識しない人たちの悪口ばっかり並べ立てる前に、自分たちがきちんと責任を果たしているかもう一度よく考えてみる必要がある。選挙で清き一票を投じること、政府の施策にどうにも納得がいかなければ陳情やデモという手段もある。ITが普及した現代社会ではもっと手早くSNSを通じて発信を続けることも有効だろう。
 結局、国民のレベル以上の政治や行政が期待できないのだとすれば、われわれ国民が政府・閣僚・官僚に愚弄されないだけの賢さと行動力を身につけなければならないと痛切に感じる昨今である。
以 上
posted by 木村登志男 at 11:40| 政治・社会

2017年07月01日

民主主義日米の差

2017年7月1日
政治・社会

民主主義日米の大きな差

 アメリカのトランプ大統領の嘘や勝手な言いがかり、極端な大統領令の発布もずいぶんひどいと思いますが、昨今の日本安倍政権の傲慢さや国家私物化は誰の目にも余る状態ではないでしょうか。

 ただ、安倍政権の言論弾圧に縮みあがってまともな報道ができない日本のテレビや新聞に較べるとアメリカのジャーナリズムはまったく違います。
 安倍政権に擦り寄る日本の主要テレビ局や大新聞が政権批判らしきことをほとんど報道したり、記事にしないのに対し、トランプ大統領からフェイクニュースと攻撃されようが、まったく動じず、その主張を貫き続けるアメリカのジャーナリズムは見ていて胸がすく思いです。

 この違いはどこから来ているのか?
おそらく日本の記者はサラリーマンそのもので、会社内での出世や処遇を考えると上層部の意向に逆らえないのに対し、アメリカの記者はあくまでジャーナリストに徹し、会社はいつでも変われる点が根本的な差でしょう。

それに加えて日本の「記者クラブ制度」に胡坐をかいて、体制側から提供される情報をそのまま記事にすれば仕事になるということに慣れきってしまっているのではないかと思います。

かつては特ダネを追う競争を一生懸命にやっていた日本の新聞記者魂はいったいどこに行ったのか?

かつて沖縄返還交渉にあたって佐藤首相がアメリカと結んだ秘密協定をみごとにすっぱ抜いた毎日新聞の西山太吉記者。私は立派な記者魂だと思います。

しかし、やりすぎてしまった。この問題を国会で追及する野党議員に情報を提供したため、情報源が露呈して、その情報入手方法を問題にされて逮捕されてしまいました。

狡猾な権力側は秘密協定を暴露された腹いせに西山記者を情報提供者となった外務省女性事務官との不倫問題にすり替えて幕引きしてしまったのです。

不適切な情報入手の仕方に問題がすり替えられて秘密協定問題はうやむやにされてしまったのです。

安倍政権が成立させた機密保持方法で政府にとって都合の悪い情報は全く入手できなくなったわけですが、この法案が審議される時になぜマスコミが反対の大キャンペーンを張らなかったのか、それが日本の牙を抜かれたジャーナリズムの実態なのです。

同様のことは司法や立法府についても言えます。

トランプ大統領が特定のイスラム国からの入国制限を指示する大統領令を発布したとき、アメリカの地方裁判所はすぐさま憲法違反として、大統領令を差し止めました。

日本の司法は憲法違反に当たるかもしれない集団自衛権について何ら動きを見せていません。司法も安倍政権に牙を抜かれているのです。

国会も自民党が圧倒的に多数ですから、安倍政権のやりたい放題。官邸が圧倒的に優位に立って、立法府は骨抜き状態。

アメリカの議会は共和党といえどもトランプ大統領の言いなりにはなっていません。選挙民に受け入れられないような法案には賛成しないのがアメリカ流です。
トランプ大統領のような嘘つき大統領が出てもなんとかアメリカはその三権分立の民主主義で乗り切るでしょうが、日本はこのまま国民が大きな声をあげて安倍政権を批判しなければ、いつかまた来た道をたどって悲劇的な国家総動員・戦争への道をたどるかもしれません。

日本が真の意味での三権分立、健全なジャーナリズムが存在する民主主義国家になれるかどうかは私たち国民一人一人の意識と行動にかかっています。
いまこそ「清き一票」を再確認し、選挙権をしっかり行使することがその第一歩だと思います。

以 上
posted by 木村登志男 at 10:50| 政治・社会

2017年06月05日

突然の訃報

2017年6月3日

突然の訃報

 元勤務していた会社の秘書室から、先日「役員OB様」宛てのメールが届きました。

 それは、私の元同僚の突然の逝去を知らせる「訃報」のメールでした。

 その元同僚の名前を目にした瞬間、私は愕然とし、驚きを禁じえませんでした。年齢は私と同じ74歳。病気やケガなどとは無縁に思える頑健な男です。そのいかつい顔つきから、シンガポール赴任中に誰がつけたか、あだ名が「ガルーパ」。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、いかつい顔つきの淡水魚で、その白身の肉は実に美味。シンガポールの中華料理では格別の高級魚です。

 ガルーパ氏は豪放磊落。明るく誰からも親しまれる男。膂力にも恵まれ、ゴルフのドライバーを振らせれば、250ヤードほども飛ばすロングヒッターでした。ただし、飛距離は抜群でも、方向性は必ずしも一定せず、時にはOBゾーンに飛んで行ったり、あるいは隣のホールに飛んで行ったりということもありました。

 私が実際に一緒にプレーして目の当たりにしたのは隣のホールに打ち込んだ第1打のボールを第2打では木越えの難しい状況から見事グリーンにパーオン。ただし、そこから3パットして上がりはボギーというご愛敬。
一方、尺取虫のように小刻みで3オンした私は2パットで同じくボギーという手堅さ。
結局、二人とも18ホール終えてみれば、それぞれ紆余曲折、デコボコがあってともに90の同スコアだったということがありました。
 抜群の力量がありながら、ところどころでポカもあって、人を喜ばせる。そういうところが皆に好かれたところだったのかもしれません。

 もちろん仕事面では海外駐在が多く、会社への貢献度は極めて大。立派な役員でした。

 それはさておき、訃報メールに話を戻すと、「急逝されました」と書かれていました。病気療養中などとは聞いたこともなかったですし、昨年の夏に会ったときも相変わらず元気いっぱい。海外も含めてあちこち飛び歩いているとのことでした。

 なぜ急逝されたのか、事情が知りたくて、会社に問い合わせてみました。死因ははっきりしませんでしたが、長野県内に遊びに来ていて、宿泊先で突然死されたとのこと。また別の人からは豪快に飲んだ後、風呂に入ったのがいけなかったのではないかという話もありました。しかし、真相は定かではありません。ただただご冥福をお祈りするばかりです。

 どうも自分では若く元気だと思っていても、身体のほうの老化や劣化は確実に進んでいるのでしょう。

 ガルーパ氏以外にもこれまで親しくさせていただいた友人で60歳代、あるいは70歳そこそこでお亡くなりになった方が何人かいらっしゃいますが、その都度悲しく、残念な思いをしてきました。

 私自身これからどういうことになっていくのか予想もつきませんが、食事と飲酒そして運動には十分配慮しながら、一日一日を大切にしていこうと改めて思っています。
posted by 木村登志男 at 14:55| 雑感